総量規制対象外のカードローンとは?
総量規制とは、融資は年収の3分の1まで、という規制のことで、平成22年より実施されている規制です。
この規制は、貸金業、特に消費者金融に対して貸しすぎないように取り締まるために作られた規制です。
これにより、消費者金融から借りられる金額はかなり減ることとなりました。

 

総量規制は、主に消費者金融会社・クレジットカード会社のキャッシング・信販会社のキャッシングなどに当てはまり、分かりやすく言うと「即日融資」やキャッシング・カードローンなどが該当します。

 

逆に、この総量規制に該当しないのは銀行のカードローンです。
銀行は貸金業者ではないので、年収の3分の1以上でも借入れが可能です。
住宅ローンや、大きな金額でローンを組んだりお金を借りたりすることができるのは、銀行が多いですよね。
銀行は総量規制に該当しないので、数百万の借入れが可能なんです。

 

総量規制対象外のカードローンの使用用途は?
例えば急にお金に困ったり、生活費などが足りないという場合は、総量規制内のキャッシングでも問題ありません。
しかし、例えば家や自動車を買ったりする時などは年収を超えることがあるかと思います。
そういったときは、総量規制対象外の銀行を利用します。
住宅ローンや自動車ローンなどは、あまりカードローンで借りるということはないと思いますが、例えば高額の医療費や、事故や怪我などで大きなお金が必要になった場合は総量規制のカードローンではまかなえない場合があります。
そういった際に、総量規制対象外のカードローンが役立ちます。

 

中でも、よくこの「総量規制対象外のカードローン」を利用する方法としては、「借り換え」や「おまとめローン」があります。
複数社での借入れで返済が大変、利息がかかりすぎる、などの理由で借金を一社にまとめたい場合はこの総量規制対象外のカードローンでないと借りることができない場合が多いです。
なので、そういった用途専用のカードローンなども増えています。

 

総量規制対象外のカードローンには他にもこんなメリットがあります
低金利
年収の3分の1以上でも借りられる
消費者金融のキャッシングやカードローンよりもかなり低金利なのが総量規制対象外のカードローン。
そもそも借りる金額が大きいので金利が低いというのもありますが、基本は総量規制は貸金業者に対する規制ですので、金利が低く貸付できるように設定されています。
例えば消費者金融大手の金利は、上限金利が17〜18%前後なのに対し、銀行のカードローンは金利が12〜14%程度です。
この差は非常に大きいですね。
また借りる金額が大きいと返済に期間がかかりますので、同じ金額を複数の大手消費者金融から借りるよりも、銀行カードローンで1本化したほうが利息が楽になるというのは見ていただければ分かるかと思います。

 

ただし、銀行で大きな金額になるのでどうしても審査が厳しくなります。
特におまとめローンやローンの1本化などの用途の場合は、他にも借入れがある状態で審査を受けることになりますので、簡単に審査に通過しなくてもあきらめずに他の銀行で審査を受けてみてくださいね。