総量規制対象外ならおまとめローンができる

複数社でカードローンやキャッシングを利用していると、返済するのがとても大変です。
利息も複数社に高金利がかかってきますし、返済日もばらばら、返済額もばらばら。
計画を立てようにも、頭が痛くなることばかりで毎日返済のことばかり考えてしまうような毎日になってしまいがちです。

 

そこで、複数あるカードローンを1社にまとめてしまう「おまとめローン」というカードローンを利用しましょう。
おまとめローンをすると、今まで悩まされていた返済日や金利についてもまとめることができるので気持ちも楽になり新たな返済計画でしっかり返済することができるようになります。
ただし、おまとめローンを利用するためには総量規制対象外のところを選ぶ必要があります。
総量規制とおまとめローンについて、当サイトでは詳しく説明いたします。

 

総量規制とは?

まず、総量規制という言葉をご存知ですか?
総量規制とは、「収入の3分の1以上の借入れができない」という法律で、貸金業にはこの法律が適用されます。
貸金業とは、いわゆる消費者金融やクレジットカード、信販会社のこと。
これらの業種は、貸金業法という法律によって、お金を貸す限度が決められています。
消費者金融でお金を借りようとしたとき、年収の3分の1以上の借入れが既に他社である場合、審査に通りませんよね。
これは、法律で決められた限度額に達しているため、貸したくても貸せないということなんです。

 

また、年収の3分の1以上の借入れができない、ということはつまり年収がない人はどうやっても借りれません。
配偶者にどんなに安定した収入があったとしても、自身に収入がない場合は借りることができません。
キャッシングも信販会社のローンも、昔は契約できていたのですが今は難しいのが現状です。

 

総量規制は、借りすぎを防ぐためにできた法律なので、なかなか収入がない人にとってはお金を借りるのが難しいということですね。

 

総量規制対象外とは?

総量規制には、一部例外があります。

借りる側に一方的に有利となる借り換えの場合
・緊急の医療費
・配偶者とあわせた年収の3分の1以下の借入れ
・個人事業主

他にも色々ありますが、一部抜粋するとこのような内容の借入れの場合は、総量規制の対象から外れます。つまり、緊急の医療費や個人事業主が借りる場合は年収の3分の1以上でも借りることができる、ということです。

 

ここで注目したいのは、「借りる側に一方的に有利な借り換え」という項目です。
これが「おまとめローン」になります。

 

おまとめローンは、複数のローンを一本化することで毎月の返済額を軽減するという方法。
利息が安くなり、さらに毎月の返済が1社で済むため月の支払いが低くなります。

 

これは、借りる側に一方的に有利になる借入れとなるため、年収の3分の1以上の金額でも借りることが可能になります。

 

おまとめローンについて

おまとめローンは、複数ある借入れを1社にまとめることで、毎月の返済額を抑えるためのローンです。
おまとめローンは、先ほども述べたように「借入れする側に一方的に有利になる借入れ」に該当するので、年収の3分の1以上でも借りることができます。
つまり、消費者金融の審査に落ちたとしても、おまとめローンという商品で契約をすることは可能、ということになります。

 

おまとめローンのメリットについて

おまとめローンをするとどのような点がメリットになるのでしょうか。

毎月の返済額が軽減される

同じ金額を借りなおしただけなのに・・・と思われるかもしれませんが、実は複数社に返すというのは毎月の返済額が非常に多くなってしまうんです。
消費者金融には、最低返済額というのが決まっています。
借入れしている金額に対して、毎月最低この金額は支払う、というのが決まっていますよね。
例えば30万円借りている場合、毎月の最低返済額が1万円とします。
3社借りていると、毎月の返済額は3万円。しかもその中から利息をそれぞれ引かれていると、3社分の返済総額は2万円程度になります。
しかし、おまとめローンで一本化した場合、90万円を借りると最低返済額が2万円前後。(銀行の場合)
同じ金額を借りていても、一社にすることによって毎月の返済金額を減らすことが可能。
返済の負担が軽減されます。

利息が低くなる

消費者金融のカードローンは、30万円位の場合、ほとんどが17%後半じゃないかと思います。
それが3社分となれば、利息は結構なもの。
しかし、1本化することで1社から借りる金額が高額になると利息が低くなります。
100万円を超えた場合、さらにぐっと低くなりますので利息が低く抑えられるメリットがあります。

返済日が統一される

複数あった返済日が1社にすることで月1回になりますね。
これは、実際非常に精神的に楽になります。毎月1回のために頑張ろうと思えますからね。

 

このように、おまとめローンには精神的な面以外でも、金額的な面で楽になり、さらにお得になります。
つまり、借りる側に一方的に有利な借入れ、となるわけなので、年収の3分の1以上でも借りることができる、ということですね。

 

おまとめローンを選ぶときは金利が低いところを選ぶ

おまとめローンは、先ほど説明したように、金利が低くなり、毎月の返済額が軽減されるという大きなメリットがあります。
しかし、その代わりに1社に対しての借入れ額が多くなるため、返済に時間がかかります。
返済額が軽減されるのは、現状としては非常に助かりますが、その分返済期間が延びてしまうということも覚えておきましょう。

 

また、おまとめローンで最も重要なのは、金利が低いところを選ぶということ。
返済期間が長くなるということは、それだけ多く利息を払い続けなければならないということ。
今よりも利息が低いところを選ばないと、逆に返済総額が増えてしまう場合もあります。

 

おまとめローンをする時は、必ず今よりも上限金利が低いところを利用するようにしましょう。