総量規制対象外のカードローン

自身に収入のない方は、消費者金融などのカードローンやキャッシングでお金を借りることができません。
その理由は、消費者金融のような金融業の場合、総量規制があるからなんです。

総量規制とは?

年収の3分の1を超える借り入れを規制するための、貸金業法によって定められた法律です。
この貸金業法が適用されるまでは、年収を超える借り入れや、自身に収入がない人でもお金を借りることができました。
この法律が定められることによって、借り過ぎや多重債務を減らすことができましたが、収入のない方はお金を借りることができなくなってしまいました。

しかし、この総量規制という法律は「貸金業」に適用される法律のため銀行からお金を借りる場合はこの規制に制限されることがありません。
銀行からお金を借りる場合は、年収の3分の1でも、基本的にはお金を借りることが可能です。

 

総量規制対象になる借入

・消費者金融
・クレジットカード
・信販会社

総量規制対象外になる借入

・銀行

総量規制は、一部除外される部分もあります。
例えば高額医療や住宅ローンなどがそれに当たります。
しかし、急にお金を借りたい場合に利用できるカードローンやキャッシングについては、銀行カードローンが最もスピーディで現実的です。

 

銀行カードローンはなぜ総量規制対象外なの?

銀行は、貸金業法ではなく銀行法という法律によってお金の貸し借りが定められています。
そのため、総量規制そのものが銀行には適用されません。
なので、年収の3分の1以上でもお金を借りることが可能です。

 

ただし、自身に収入がない場合は、配偶者に安定した収入があることが前提となります。

 

銀行カードローンの場合

・自身に収入がなくても借りられる
・消費者金融で年収の3分の1以上の借り入れがあっても借りられる

 

おまとめローンは総量規制対象外

消費者金融で年収の3分の1以上の借入がある場合、他の消費者金融でお金を借りようとしても難しいです。
1社に対して3分の1ということではなく、全体の借入があなたの収入の3分の1を超えてしまった場合はどこにいっても借りることもできません。
しかし、おまとめローンの場合は総量規制対象外となります。

おまとめローンとは?

複数社の借入を一社にまとめるローン。
返済が楽になり、利息も減らすことができる。

おまとめローンというのは、上記のように借りる側に非常に有利な借り入れとなっています。
総量規制は、「借りる側に一方的に有利な借り換え」の場合、例外とみなされ年収の3分の1でも借りることができます。
そのため、おまとめローンとして新規で借りる場合は、年収の3分の1を超えていても借りることが可能なのです。
そのため、総量規制対象の消費者金融でも、「おまとめローン」という名前の商品であれば、新たに借り入れすることが可能です。

 

銀行カードローンは即日融資できる?

銀行でお金を借りるとすぐに借りることができないというイメージがあると思います。
しかし最近では、即日融資型の銀行カードローンも増えて来ました。
三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは、消費者金融のように銀行にテレビ窓口があり、土日祝日でも契約をすることが可能になっています。平日であれば、最短30分でお金を借りることができるようになりました。
しかしまだまだ土日祝も即日融資可能な銀行カードローンは少ないです。
即日融資の銀行カードローンを利用したい方は、平日の午前中に申し込みをするのがおすすめです。
また、銀行カードローンの場合は、その銀行に口座を持っているかどうかで契約のスピードが大きく変わってきます。
口座を持っていない場合、口座開設からスタートすることになりますので即日融資は厳しくなってしまいます。

 

急ぎでお金を借りたい場合は、まずは自分の持っている口座が銀行カードローンのサービスを行っているかどうかから調べれば即日融資できると思います。