急にお金が必要に!銀行カードローンのメリットとデメリット

急にお金が必要になった時、すぐにお金を借りることができるのが即日融資のカードローンやキャッシング。
銀行カードローンなら、その日のうちにお金を借りることができるのでピンチの時に非常に役に立ちます。

 

銀行カードローンってどんなもの?
消費者金融の即日融資と何が違うの?
銀行カードローンと消費者金融はどちらが利用しやすいの?

 

こんな疑問について、当サイトでは銀行カードローンメリットとデメリットを紹介しながら詳しく説明いたします。

 

銀行カードローンの大きなメリットは3つ

銀行カードローンには、急にお金が必要になった人にとって大きなメリットが3つあります。

低金利

銀行ならではの低金利。消費者金融18%前後に対して、銀行は14%前後が多いです。
急に必要な金額を借りたい場合にとっても低い利息で借りることができます。

総量規制対象外

消費者金融などの貸金業の場合、総量規制という法律があるため、年収の3分の1以上の金額を借りることができません。
その点銀行は貸金業ではないため、総量規制がありません。年収の3分の1以上の金額でも借りることができます。

即日融資

即日融資というと消費者金融のイメージが多かったと思いますが、銀行カードローンも最短30分、その日のうちにお金を借りることができます。
収入証明も一定の金額以下なら不要ということところが多いので、すぐにお金が必要な時にスピーディに借りることができます。

 

銀行カードローンは、銀行によって金利が様々です。ほとんどのところは上限金利が15%前後に設定されていますが、中には7%〜10%のところもあります。即日融資のところは比較的高めに設定されていますが、それでも15%前後なので利息が安くお金を借りることができます。

 

また、銀行カードローンは貸金業法が適用されないため、年収の3分の1以上の借入れも、一定の収入がなくてもお金を借りることができます。
世帯主・配偶者に安定した収入があればお金を借りることが可能。

 

銀行カードローンは、1000円から1000万円くらいまでと幅広い金額のお金を借りることができます。
生活のちょっとした足りないお金を都合するのにも役立ちますし、子供の進学資金や習い事のお金など大きな金額でも大丈夫。
銀行ならではの安心の金利設定なので、どんな人でも安心してお金を借りることができます。

 

金利も低いのに銀行カードローンでデメリットはある?

金利が低く、借りれる限度額も高い。即日融資も可能な銀行カードローンですが、もちろんデメリットもあります。

口座が必要な場合がある

銀行カードローンの契約をするときに、その銀行の口座が必要な場合があります。
銀行口座を持っていれば即日融資は可能ですが、口座がない場合時間がかかるところもあります。

借入れや返済の方法が少ない

銀行カードローンは、主に自分の銀行口座からの借入れや返済をメインとしています。
そのため、返済方法がその銀行のみだったり、自分の口座がない場合はどこで借りても返済しても手数料がかかる場合があります。
借りたい銀行の口座を利用するように設定されていることが多いため口座がない場合は手数料がかかりすぎてしまう可能性があります。

お金を借りたことがバレる可能性がある

バレないような方法はいくつもありますが、消費者金融のように手厚いサービスがあるわけではありませんので、口座の引き落としなどでバレてしまう可能性もあります。

 

銀行カードローンにもこのようにデメリットもありますが、銀行カードローンはその銀行によって金利や返済方法などが本当に様々あります。
消費者金融の場合、比較的どの消費者金融も同じようなサービス内容と金利が多いですが、銀行はとにかく色々ありますので自分にあった即日融資の銀行カードローンを探してみれば見つかるでしょう。
口座が必要ない即日融資の銀行カードローンも最近は多いです。
また、お金を借りたことが気づかれないようにしてくれる場合もあります。
収入証明も、銀行によって違いますが100万前後であれば不要なので、大きな金額を借りたいときでも手軽に利用できるので助かります。

 

急にお金が必要になった時、誰でも焦るものです。
しかし、一旦落ち着いて冷静に返済計画を考えた上で、どの銀行カードローンを利用するのが自分にとってメリットがあるのか、返済方法や借入れ方法などにもしっかりと目を通して選ぶようにしましょう。