お金が必要!金利が少なくてすぐに借りられるのは?

急にお金が必要になったからすぐにお金を借りたい!
お金を借りたいけど金利はできるだけ低い方がいい!
この2つを叶えるのは、結構難しかったりします。
なぜなら、速達や普通郵便より高い金額を支払いますよね?それと同じ原理です。

 

しかし、最近では、銀行系のカードローンやキャッシング、また銀行でもすぐにお金を借りることができるサービスが増えてきました。その日のうちに契約をすれば、その日のうちにお金を借りることができる即日融資のサービスは、非常に便利で低い金利で借りることが可能です。

 

お金を借りたい場合というのは、いつでも急なものです。
そのようなニーズに答えられるように、即日融資のサービスはどんどん進化しています。

 

スピード重視の消費者金融の即日融資

特に消費者金融の場合は、銀行カードローンよりもスピーディです。
また、土日祝や祭日夜間でも契約が可能で、20時頃までに審査を受けることができれば、21時頃にはお金を借りることができるというスピード。約1時間あれば、スムーズにお金を借りることができます。

消費者金融の即日融資が向いている人は・・・

・明日お金が必要
・契約できるのが夜または土日祝・祭日
・金額は50万以下
このような条件に1つでも当てはまる場合は、消費者金融の即日融資が確実でスピーディです。

 

高額でも借りられる!銀行の即日融資

銀行の場合、年収の3分の1という総量規制がありません。
そのため、高額でも借りることができますし、逆に収入がなくても世帯収入さえあればお金を借りることができるのが特徴です。
ただし、消費者金融と違うところは即日融資の確実性が多少落ちるところ。
また、土日祝日や祭日に対応しているところもまだまだ少なく、金利は消費者金融よりは低いですが、明日なんとかしたい!という方にとっては多少リスクがあります。

銀行の即日融資が向いている人は・・・

・50万以上のお金を借りたい
・収入がないけどお金を借りたい
・数日中に借りたい
このような条件の方は、銀行の即日融資が低金利で便利です。

 

即日融資でお金を借りるポイント

すぐにお金を借りたい場合、キャッシングやカードローンが定める本審査の最終時間までに審査に通過する必要があります。
この審査に間に合わない場合、その日のうちにお金を借りるのは難しいでしょう。
消費者金融の場合、借りられる金額が低いのが特徴です。
50万以下の場合は収入証明は不要ですので、準備する書類も免許証などの身分証明書のみなので仕事帰りでもすぐに借りられて便利ですよね。
また、インターネットでの契約に対応しているところも最近では増えて来ましたので、急いでいる方はインターネットからの申し込みがよりスピーディです。
WEB完結なら、スマホから申し込んでメールで審査結果が返ってきます。
スマホのカメラで免許証を撮影して送信。
本審査を受けて審査に通ればメールで返答が来ますので、あとは振込キャッシングでお金を自分の口座に振り込んで貰えば完了です。

 

仕事の休憩時間でも契約可能ですし、夜間であればインターネットから申し込んで契約機に行けばすぐに審査して貰えます。
カードでATMからお金を借りるのは24時間対応しているところも多いので、とにかく本審査の制限時間までに審査を通過すれば深夜でもお金は借りることが可能です。

 

本審査は、即日融資の場合ほとんどが21時頃まで行っています。
20時までにインターネットから申し込みをすれば、ほとんどの場合はその日のうちにお金を借りることができると思います。

 

低金利の即日融資なら、銀行カードローン、とにかく確実に即日融資なら消費者金融のカードローンが便利ですね。