急にお金が必要!どうしても審査に通過したい!

急にお金が必要になった時に頼れるキャッシング。
でも審査に通過しないとお金は借りられません。
何度も審査を繰り返していると即日融資も時間的に厳しくなってきます。
急にお金が必要になったから一発で審査に通りたい!
そのためには、キャッシングの審査とはどういうものか知っておく必要があります。

 

キャッシングの審査ってどういうことを審査するの?

カードローンやキャッシングの審査は色々な審査を行います。
審査内容はそれぞれのキャッシングで定めている部分もありますが、どこでも必ず重要視するところは以下の3点です。

・年収
・返済能力があるかどうか
・居住形態

居住形態なんて聞かれたことないけど?と思っている方は多いと思いますが、実際は内部でチェックしています。
最も有利なのはマイホームを持っている方。持ち家の人は引っ越していなくなったりすることもありませんし、住所がしっかりとしていることは信用情報の中では大きなプラスポイントです。
また、返済能力の有無については年収と信用情報で確認しています。
金融業は年収の3分の1以上のお金を貸すことはできません。
そのため、現在の借入れ状況が年収に対していくらなのか、また過去の返済状況で事故などがないかどうかをチェックします。
この3つのポイントをクリアしていれば、ほとんどの場合は審査に通過するでしょう。

 

銀行と消費者金融では審査通過率が違うのはなぜ?

銀行は消費者金融よりも審査に通過する確率が低いといわれています。
基本的な審査ポイントは、以下のような内容。
この内容のうち、どれを重要視するか、つまりどのポイントをクリアしたらお金を貸してもいい、という判断になるかはそれぞれのキャッシングによって違います。

・年齢
・性別
・配偶者の有無
・子供の人数
・自宅電話の有無
・携帯電話の有無
・居住年数
・住居種類 自己所有、借家、賃貸マンションなど
・居住費負担額ローン返済額や家賃
・職業
・給与形態固定給、年俸給、歩合給、日給、週給、時給など
・年収
・会社規模資本金など
・業種
・社員数
・勤続年数

・他社借入の有無と金額(重要)

これだけの内容が概ね審査内容としてあるわけですが、消費者金融の場合は、年収、居住形態、他社借入れの3つのポイントでしょう。
その代わり、過去に事故歴(返済遅れなど)がある場合はその3つのポイント以上の部分で補おうとします。
年収も居住形態も他社借入れもクリアしているけど過去に遅延が複数回ある人の場合、居住形態が持ち家か賃貸かによって借りられたり借りられなかったりするでしょう。
そのあたりはキャッシングそれぞれのさじかげんになるので、判断するのは難しいですね。

 

銀行で審査に通過するためには

銀行は消費者金融のような金融業ではありません。
そのため、総量規制の対象外なので年収の3分の1以上借りることができます。
大きな金額を借りたいのであれば、銀行の方が通過率は高いです。

 

しかし、銀行の場合は消費者金融に比べて審査に通過するためのポイントは複数あります。
借りようと思っているローンにの種類によっても違いますし、フリーローンや使途自由のキャッシングの場合によっては返済能力があるにもかかわらず、NOという返事を貰ってしまう場合もあります。

 

急にお金が必要でどうしても審査に通りたいという方は、銀行よりも消費者金融の方が確実です。
特に50万円以下であれば消費者金融は収入証明も不要です。
急にお金が必要になったら、まずは消費者金融のキャッシングから検討するようにしてみてはいかがでしょうか。