急にお金が必要!銀行カードローンは即日融資できる?

急にお金が必要になった時に助かるのが即日融資のカードローンです。
即日融資というと、消費者金融のカードローンがその日のうちにお金を借りることができて便利ですが金利が高いのがどうしても難点。
銀行やクレジットカードもキャッシングできるけど、急にお金が必要になった時には時間がかかりすぎると思っていませんか?
最近は、銀行でも即日融資を行っているんです。
銀行カードローンの中でも即日融資タイプのものは、消費者金融と同じようにその日に契約してその日にお金を借りることができます。
しかも、消費者金融より金利は若干低め。
消費者金融と銀行の即日融資、どちらがいい?と迷っている方のために、即日融資タイプの銀行カードローンの特長について説明します。

 

急にお金が必要!即日融資の銀行カードローン

金利

最高限度額

 

4.0%〜14.5%

500万円

静岡銀行カードローン「セレカ」

4.6%〜14.6%

500万円

三菱東京UFJ銀行カードローン

3.0%〜7.0%

1.000万円

みずほ銀行カードローン

3.0%〜17.8%

800万円

オリックス銀行カードローン

4.0%〜14.5%

800万円

三井住友銀行カードローン

1.9%〜14.6%

1000万円

横浜銀行カードローン

銀行カードローンのメリット

消費者金融に比べて金利が低い

消費者金融の即日融資は、ほとんど上限が18%近い金利。それに比べて銀行カードローンは、15%前後の金利が多く非常に金利を低くお金を借りることができます。

限度額が高い

銀行は消費者金融と違い「貸金業」ではないため、総量規制の対象になりません。
そのため、限度額も高く、収入の3分の1以上でもお金を借りることが可能です。
大きな金額を借りたい人は銀行カードローンがオススメです。

金額による細かい金利が明確に表記されている

消費者金融の場合、○○%〜○○%のような年利の表記があっても、いったいいくらからがどの金利なのかの表記がはっきりと記載されていません。
それに比べて銀行の場合は、いくら以上の場合はこの金利になる、というのが明確に記載されています。
借りたい金額にあわせて低い金利の銀行カードローンを選ぶことができるのも大きなメリットです。

銀行カードローンのデメリット

無利息キャンペーンがない

消費者金融の即日融資は、30日間などの一定の期間の間無利息のキャンペーンを行っているところが多いです。
短期間借りてすぐに返済できるのであれば、消費者金融の無利息キャンペーンを利用した方がお得です。
※無利息キャンペーンは、「はじめての方」のみ対象です。
※無利息期間は「最大30日間」となります。

返済方法などの選択肢が少ない

銀行カードローンは消費者金融に比べて返済方法や借入れ方法の選択肢が少ないです。
銀行のカードローンのため、使える金融機関がその銀行しか無理だったり、カードローンを契約する際に銀行口座が必要な場合もあります。

口座がないと審査に時間がかかる場合がある

申し込みたい銀行カードローンの銀行口座があればほとんどの場合が即日融資が可能ですが、なかには口座を作ってからでないと契約できない場合もあります。また、口座がなくてもカードローンの契約はできるが、口座がある場合に比べて審査に時間がかかる場合があります。
確実な即日融資、という意味では消費者金融の方がスピーディです。

 

銀行カードローンは借入れ金額と金利がよくわかる

急ぎでお金を借りたい時に、消費者金融の即日融資か銀行の即日融資か悩んだら、借りたい金利を確認して比較すると便利です。
消費者金融の場合、細かい借入れ金額に対する金利が表示されていないのに対し、銀行は細かく金利が決まっていてそれをインターネットから確認することができます。

消費者金融の金利表記

静岡銀行カードローンの場合

ご利用限度額 ご融資利率
400万円超 500万円以下の場合 年 4.0%
300万円超 400万円以下の場合 年 7.0%
200万円超 300万円以下の場合 年 9.0%
100万円超 200万円以下の場合 年 12.0%
100万円以下の場合 年 14.5%

このように、銀行カードローンの場合、細かい借入れ金額によって金利がきちんと表記されています。
消費者金融も契約の際、または電話などで確認すれば教えて貰えるかもしれませんが、サイトなどに記載はありません。

 

100万円以下のお金を借りたい場合、消費者金融は恐らく18%の最高金利になることが多いです。
銀行も最高金利となるため、比較的差がありますね。

 

しかし、逆に500万円借りたい場合は、銀行と消費者金融との金利の差はあまりなくなります。
少ない金額を借りる時ほど、消費者金融の方が金利が高くなるのが分かるかと思います。

 

生活に必要な金額をそんなに急ぎでなく借りたい場合は銀行カードローンがオススメです。
しかし、消費者金融はこの金利の差をカバーできるよう、無利息キャンペーンがありますので、実質10万円以下だと消費者金融なら0円、銀行カードローンの場合は金利がかかるのでどちらがお得かは返済計画を考えて決めるのがいいですね。