消費者金融でも銀行より利息が安く借りられる?!

キャッシングやカードローンでお金かりるならどこがいいんだろう?
選ぶ時にポイントとなるのは、やはり真っ先に金利です。
キャッシングやカードローンというのは、友人や家族に借りるのと違い、借りた金額に利息をつけて返済しなければなりません。
そのため、お金を借りる時に重要になるのが、金利についてです。

 

金利は、基本的に借りている金額に対して1日あたり何割という金額が加算されていきます。
借りている期間が長くなればなるほど、支払う利息は多くなっていきます。
逆に、借りてすぐに返せば短い日数で済むので利息も少なくてすみます。

 

では、この金利、あなたが借りようと思っている金額に対してどのように計算すれば、どちらがお得か見極めることができるのでしょうか。

 

基本的に利息の計算方法

利息は以下のような計算で求めることができます。

 

利息=(元金×金利÷365日)×借り入れ期間

 

例えば10万円を年間14%の利息で60日間借りた場合と30日間借りた場合のそれぞれの利息を比較してみます。、

 

(10万円×14%÷365日)×30日 = 1,150円

 

(10万円×14%÷365日)×60日 = 2,301円

 

同じ金利でも、日数によってこれだけの金利の差があります。
早く返す方がいかに金利が安く済むかわかりますね。
今回10万円でしたが、これが50万、100万となると、さらに差は開くのでとにかく早めに返済することが重要です。

 

次に、同じ期間を金利が14%と18%で比較してみます。

 

(10万円×14%÷365日)×30日 = 1,150円

 

(10万円×18%÷365日)×30日 = 1,479円

 

いかがですか?金利の差が4%もありますが長期間借りるよりも金利が安く済んでいます。

 

では、同じように18%で60日借りた金額も計算してみます。

 

(10万円×18%÷365日)×60日 = 2,958円

 

高金利で長期間借りているのは当然ではありますが、最も金利がかかりますね。

 

結果、お得な順に並べてみると・・・

  1. 金利14%で30日間借りた場合の利息 1,150円
  2. 金利18%で30日間借りた場合の利息 1,479円
  3. 金利14%で60日間借りた場合の利息 2,301円
  4. 金利18%で60日間借りた場合の利息 2,958円

 

この結果から分かることは、金利が低いところで借りることが最も利息がかからなくて済むというわけではない、ということです。
消費者金融と銀行では、利息の差は4%近くあります。銀行で借りた方がお得であることは間違いありません。
しかし、だからといって消費者金融の高金利が銀行に劣っているわけではありません。
急にお金が必要になった時、短い期間借りるだけで、すぐに返済できるのであれば消費者金融でも十分お得に借りることができるということです。

 

金利が安くでも、借り続けている期間が長ければ高金利と変わりありません。
もし、あなたが借りたい金額が10万円以下なのであれば、金利で比較するよりもスピードやサービスで比較するという方法もありではないかと思います。