キャッシングとカードローンの違い

お金を借りる方法として、キャッシングとカードローンという方法があります。
キャッシングとは、よく聞くのはクレジットカードのキャッシング枠のことですね。ショッピングのクレジットカードを作った時に、もしかしたらいざというときに使えるかも・・・と思ってつける付属サービスとして利用される方が多いです。
クレジットカードに付属サービスとしてついているキャッシングは、借りられる金額は小額であることが多いです。

 

ではカードローンはというと、銀行や消費者金融からお金を借りることをメインとして契約するサービスです。
クレジットカードのキャッシングの設定金額よりも高額な枠が設定されることが多いです。
お金を借りる目的のため、クレジットカードのようにカードを使って何かを購入できたりすることはありません。
カードローンのカードは、ATMからお金を引き出す目的のものがほとんどです。

 

キャッシングとカードローンの大きな違いは、このように高額を借りるか小額を借りるか、という部分が違います。
また、借りられる金額が違うため、返済の方法もそれぞれ違っています。
キャッシングの場合は、一括または分割払いが主流で、カードローンの場合は一定の金額を長期間払い続けるリボ払いなどが主流です。
これは、高額の借入れの場合は返済計画を立てられるのが難しくなるためで、小額の場合は数回程度の分割で終わってしまうからなのですが、毎月一定の金額を払い続ける返済方法が非常に便利なため、最近ではキャッシングでもリボ払いができるようになりました。

 

このように、お金を借りたいと思った時、カードローンもキャッシングもどちらもお金を借りることができますが、クレジットカードのキャッシングの場合は20万円程度が限度額ではないかと思うので、100万円単位のような高額を借りたい場合はカードローンの方がオススメです。

 

実際はキャッシングとカードローンは使い分けるほど差はない

このように説明してきましたが、実際カードローンとキャッシングはその違いは今ではほとんどありません。
昔は返済方法の違いや借りられる金額に大きな差がありましたが、今ではクレジットカードのキャッシングでもリボ払いは可能だし、クレジットカード付属のサービス以外で「キャッシング専用のカード」というものもあります。
このカードは、カードローンと同じように高額を借りることが可能なので、カードローンの機能とほとんど変わりありません。

 

つまり、お金を借りるならどこがいいだろう?と悩んだとき、カードローンかキャッシングかで悩む必要はないということです。
それよりも、返済方法の確認や、利息の確認、その他のサービスの確認などを重点において選ぶ方がいいでしょう。

 

収入がない場合は銀行のカードローン・キャッシングを利用しましょう

カードローンでもキャッシングでも共通して言えるのは、基本的には誰でも借りられるわけではないということ。
急にお金が必要になって借りる際に気をつけなくてはいけないのは、総量規制
これは、年収3分の1以上の借入は出来ないという制度で、特にこの総量規制が適用されるのがキャッシングと消費者金融のカードローンになります。

 

総量規制対象の消費者金融では、申込者がパートやアルバイトでも収入があれば申し込めますが、無収入の場合は、申し込めないので注意が必要になります。

 

総量規制対象外なのは銀行のカードローンになります。銀行のカードローンは世帯年収での審査になるので誰でも申し込むことが可能になっています。住宅ローンやカーローンも対象外になります。