キャッシングとカードローン どちらがいいの?

キャッシングとカードローン、どちらで契約した方がいいんだろう?
そもそもカードローンとキャッシングって何が違うの?
キャッシング・カードローンという言葉はよく耳にしますが、具体的には何が違うのか、ご存知ですか?
キャッシングもカードローンもカードを使ってお金を引き出すのは同じことですが、その借り方・借りることができる金額が違います。

 

キャッシング

短い期間で少額を借りることをメインとしています。
急にお金が必要になった時に、2万円〜3万円程度のお金を借りる場合に利用することが多いと思います。
一番よく聞くキャッシングは、買い物などで使うクレジットカードについているキャッシング機能ですね。
ショッピングとは別に、「キャッシング枠 10万円」などと記載があり、カードを使って現金を引き出すことができます。
1回で返済する方法が多いです。

カードローン

長い期間かけて、比較的大きな金額を借りるときに使用するのがカードローンです。
銀行が多く、金額が大きいため一回で返済するのではなく分割で返済する方法が多いです。

 

キャッシングとカードローンの大きな違い

急にお金が必要になった時に、どちらも現金が引き出せるのは変わりません。
使用する側からすると、どちらも同じ用途で使用することができるので違いがわかりにくいですよね。

 

大きな違いは、返済方式

キャッシングは少額のため1回で返済するパターンが多いですが、カードローンは大きい金額を借りるため長期間かけて一定の金額を返済するリボルビング払いや分割払いなどの方式が多いです。

 

金利も大きく違う

利息が安いカードローンに比べて、短期間で少額を借りてすぐに返済するキャッシングは、カードローンに比べると金利は高く設定されています。

 

キャッシングとカードローン、どちらを選ぶのがいいの?

あなたが今借りたい金額によって、どちらを選ぶのがいいのかは大きく違ってきます。
生活費が足りない、冠婚葬祭のの費用が足りない、などの少額の場合はキャッシングを選んだ方がいいですし、100万円?200万円などの大きな費用を用立てなければならない場合は金利の面を考えてカードローンを利用した方がいいです。
それぞれのカード会社によって多少違いますが、概ねカードローンの方が金利は低いです。
しかしながら、キャッシングの方が俊敏性があり、すぐに借りてすぐに返済できる面では急ぎの用立てでしたらキャッシングの方が便利ですね。

 

急にお金が必要になった時はキャッシングが早い

金利が高いキャッシングですが、一番のメリットは即日融資が可能なところです。
カードローンは、キャッシングに比べてどうしても審査や契約に時間がかかります。
早くても3週間程度はかかりますし、また審査もキャッシングに比べたら厳しい審査になります。

 

明日急にお金が必要になったのに、3週間後の審査まで待っていられませんよね。
キャッシングは少額の利用を前提としているため、審査もスピーディ。
本人確認書類と収入証明程度でほとんどの場合通過します。
書類さえ整っていれば、午前中に申しこめばその日のうちにお金を借りることもできるので、急ぎの時は断然キャッシングの方が融通が効きます。

 

キャッシングとカードローン、どちらがいいかまとめてみると

キャッシング

  • 急にお金が必要なら、即日融資も可能なキャッシング。
  • ただし、金利が高いので、なるべく早く返せる金額に限る。
  • 最近では30日間無利息のキャンペーンを行っているところもあるので、10万円以下ならキャッシング。

※無利息キャンペーンは、「はじめての方」のみ対象です。
※無利息期間は「最大30日間」となります。

カードローン

  • 大きい金額が必要なら、金利が低いカードローン。
  • 審査は厳しく時間はかかるが、大口の融資が可能。
  • 返済も、分割やリボルビングができるので計画が立てやすい。

 

このように、用途によって使い分けるのが賢い方法です。
ただし、カードローンでも借りている期間が長ければトータルで支払う利息はキャッシングと変わらないので、どちらにしても借りた会社の金利を考え、しっかりとした返済計画を立てる必要がありますね。