いざというときに・・・即日融資のカードローンがオススメ

カードローンというと一般的には 高金利、多額な借金を背負う事になる というイメージの方が多いと思います。
確かにカードローンを自転車操業の一部として使用してしまうとそういった事に陥る可能性もあるので、経済的に苦しい状況の時に使用するのは正直おすすめは出来ません。

 

ただ、一時的に用立てる事がどうしても必要で、その後お給料やボーナスが入ることにより返せるという状況であれば便利に使う事ができるし、とても心強い味方になってくれると思います。

 

例えば一、二カ月後にお給料やボーナスが入るのに、一時の出費のために高金利で預けていた定期預金を崩すことになってしまったりしたらもったいないですよね。そんな時にカードローンで借りるのは逆に金利が安くつく場合もあります。

 

また、どうしても必要な時に友人や親、親戚になんとか借りることはできたが、その後関係がぎくしゃくしてしまったということもありえます。お金を借りるというのは、きちんと返済したからといってあまり気持ちのいい行為ではないことは確かです。

 

このように、お金を持っていない、お金が足りない、という理由以外でも、上手に使いこなすことで人間関係を壊すことなくピンチを乗り切ることができますね。

 

このように、カードローンを急な出費でお金がないから借りる、という方法以外に賢く使いこなしている方もたくさんいらっしゃると思います。使い方によっては、銀行から自分の口座を引き出すよりもお得になることもあるんですね。

 

災害、事故・・・突然のことでもカードローンがあれば対応できる

しかし私はカードローンはそれらとは全く違った意味合いで持つものだとも認識しています。
そもそもカードローンは借りるためにあるのも事実なのですが、借りるものという認識ではなく、何かあったときの最終手段のお守りとして持っておくと便利なものなのではないかと思っています。

 

例えば災害にあってしまったり、出先で事故にあってしまったり、お祝い事が思いがけずに何件も続いて出費が重なってしまった。など、人生には自分の想像してない出来事が起こる可能性が十分にあります。
そんな時、カードローンを一枚持っていた事により、助かったという事実も実際あるのです。

 

カードローンはこんないざというときに本当に便利なんです

災害でお金がすぐ必要だったけど、銀行ではすぐに払い戻しができなかったのでカードローンで一時用立てた。
必要な時に必要な買い物もできて助かった。

 

夜中や旅行先で事故に遭ってしまい、病院に行かなくてはならなくなった。
銀行がやっていない、現金が手元にない、 といった時にコンビニエンスストアやATMなどからカードローンで一時的に用立てる事が出来た。

 

お祝い事が重なって出費が多い時に用立てて、計画的に分散して返済した。

 

このように、いつ何があるかわからない時のために一枚もっておくと、いざという時最終手段として役に立つ時が来るかもしれないのです。
いざという時が来て、本当に必要な時にはカードを作ることは出来ません。
特に必要がない時だからこそ、安心のために一枚作っておいたら良いのではないかと思います。